読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告/統計/アニメ/映画 等に関するブログ

広告/統計/アニメ/映画 等に関するブログ

見どころが違うアニメ_『百日紅』_『花とアリス殺人事件』_『あしたのジョー2』_『君の名は。』_『ガールズ&パンツァー 劇場版』

ここ最近見たアニメで”夫々見どころが違って面白い”と思ったのでその感想です。 どれもいい作品だと想いますので気に入ったらいつか見て欲しいものばかりです。

ジャパニーズアニーションという感じがする『百日紅


『百日紅~MissHOKUSAI~』新予告60秒

”目に見えないモノ”の描き方が素晴らしい

予告編で良いシーンが既に幾つか抜粋されていますが、半透明の”妖怪”の動きや屏風の中の鬼の動きがリアルです。 また、龍・魂など”目に見えないモノ”を風の動きで表現するのもとても上手いです。 直接的表現を避けた方が味わい深く心にグッとくる時があります。

絵師の心構えが伝わる

”目に見えないモノ”の描写に力が入っているため、”目に見えないモノ”を描く絵師の物語が凄く印象に残るようになっていました。 ”龍は降りて来ないと描けない”という話や、絵の力で妖怪や病を抑えつけるといった話を全く信じていなくても、”いや、ひょっとしたらそういうことがあってもいいのではないか?”という気持ちになりました。 それ程、アニーションに説得力がありました。

原恵一監督の良さが一つ理解できたように思いました。

中学生の頃が思い出される『花とアリス殺人事件』


映画『花とアリス殺人事件』予告編

実写のようなカメラワーク

具体的にどう説明していいのかがわからないのですが、選ぶカットがどれも実写感があって、なるほどこういうアニメーションの使い方もあるんだな、という新鮮さがあります。

役者の演技のことを考えると演技のできる子どもを集めるのは大変なので、こういうアニメーションの活かし方もあるんだ!と思いました。

中学生ってこうだったよねの満載

学校の迷心を信じたり、ちょっと親の行動が恥ずかしいと思ったり、他にもっと良い解決があるのに自分達で遠くまで確かめに行こう!と盛り上がったり、”中学生ってこうだったよね”というシーンが盛り沢山です。

主人公は転校生なのですが、昔の顔見知り、よくわからない男子、変なきっかけで会話するようになった子、お隣さんetc色々な人と出会いつつ、誰かひとりと急に仲良くなるわけでもなくちょっとずつ距離を近付けて行くのが本当に中学生の頃のリアリティがあります。

とても懐かしい気分になったと共に、毎日が変化だったあの頃を忘れないようにしたいと思いました。

あしたのジョー2

あしたのジョー2 OP」で検索して下さい。そして第1シーズンのOPを見て下さい。

www.google.co.jp

衝撃的なカッコよさのOP

楽曲のイントロの渋さもたまらないのですが、この影絵のようなOPの一つ一つの動きをよく見て頂きたいのです。 殴られて顎が上がって元に戻る頭蓋骨と首の動きのリアリティ、影絵のランニングの動きのリアルさ、影絵であるだけに如何に動きが”本物っぽい”かがわかると思います。

ロシア・アヴァンギャルドドイツ表現主義が好きなのですが、この影絵・色使い・タイポグラフィの入り方、どれもかっこいいです。

ジョーを応援したくなる

暴力的なシーンは苦手なのですが、出崎統の描くボクシングのシーンは何故か熱い。動きの緩急にリアリティがあるのでしょうか。

力石を自分のパンチで殺してしまったトラウマをひきずって本気で殴れなくなったジョー、それを自覚し悔しがるシーンがシンプルに力強く描かれています。 余計なお涙頂戴シーンではなく、本気の一発、殴られて今にも死にそうな相手、その姿をみての嗚咽、”ジョー!頑張れ!”と思わず叫んでしまう。 80年代のお茶の間で流れていたんだなというTVシリーズならではのドラマ感。

よく考えると毎週30分、小難しい話もなく、プロボクサーの話だけで引っ張るって凄いことだと思いませんか?

CGかのような滑らかな動き『君の名は。


「君の名は。」予告

OPからテンションがあがる動き

背景が動いているのに人物も動いていて、アニメの絵が動いているのではなく、アニメーションの世界の中でカメラが動いているような滑らかな動き。 それだけで興奮してしまいますし、OPでその山場があることで、”いや、これはもう傑作でしょ!”と期待値がグッと上がりました。

音と映像のタイミングがあっている

タイアップアーティストの歌唱が大きい、というレビューもありましたが、この映像と音のタイミングの快感は最高だと思います。 監督の過去作品『秒速5センチメートル』でも桜と山崎まさよしの歌がよくあっていましたが、今回も最高のシーンでした。

”音響”が素晴らしい『ガールズ&パンツァー 劇場版』


ガールズ&パンツァー 劇場本予告

音がズッシリ来る

音響監督がよくツイートしていますが、ガルパンはとても音に拘っています。 爆発音がガンと響いて来ます。映画は、音・映像・脚本etcと色々な要素に分解できますが、”音”の良さも味わって欲しいです。

爆音上映をやっている間にいつか立川に行きたいですね。 (いつも満席ですが)

友情と勝利

ジャンプの努力・友情・勝利ほど上手く物語のポイントを掴んだ言葉はないでしょう。 本作も、仲間と共にピンチを協力して乗り越える、熱い友情の連続でした。

戦車を退避させなければならないシーンがあるのですが、そこでの協力プレーが涙モノです。 どうせ美少女ものなんでしょう?と思っていたら損をするスポ根アニメです。


君の名は。』の関連商品のオススメ

Walkerや公式ガイドブックなど色々ありますが、本作の映像的な秘密を知りたい人は、

CGWORLD (シージーワールド) 2016年 10月号 [雑誌]

CGWORLD (シージーワールド) 2016年 10月号 [雑誌]

を買うと良いと思います。

あのCGなのか?というシーンでは実は一度3dCGでカメラワークを作って吐き出した絵をベースに美術発注しているのです。 とてつもない作業だと思いますが、結果、拘るのであれば最初からそうする方が早いのだとか。。。 その他、なるほどね!という話が一杯だったので、書店でもKindleでもこれは買いです。


紹介作品一覧

アニメの楽しみ方、受け取り方は人それぞれ。 もっと色々な楽しみ方を勉強して理解の幅を広げたいです。